ランチョ・ロス・アミーゴ方式の歩行周期の定義(従来の用語との関連)

はじめに

ランチョ・ロス・アミーゴ(RLANRC)方式の歩行周期の定義1)をまとめました。

読み手として想定したのは,従来からある歩行周期は知っているけど,新しいものにはまだ馴染んでいないという方です。
従来からある歩行周期の用語を使った説明を入れています。
また,歩行の動き自体は分かっているのを前提としています。

用語の一覧

まずは用語を一覧表にしました。
最後の列は略語です。
英語のカタカナ表記がよく使われている印象がありますが,他もよく使われています。
面倒ですが,全て覚える必要があります。

第1相初期接地イニシャルコンタクトinitial contactIC
第2相荷重応答期ローディングレスポンスloading responseLR
第3相立脚中期ミッドスタンスmid stanceMSt
第4相立脚終期ターミナルスタンスterminal stanceTSt
第5相前遊脚期プレスイングpre-swingPSw
第6相遊脚初期イニシャルスイングinitial swingISw
第7相遊脚中期ミッドスイングmid swingMSw
第8相遊脚終期ターミナルスイングterminal swingTSw

歩行の各相の定義

「観察による歩行分析1)」にある定義を書き,その後に従来の歩行周期の用語を使った定義や,従来の歩行周期との対応を書いています。
また,各相のもう少し詳しい説明は別の記事にまとめていて,それぞれリンクをはっています。

初期接地(イニシャルコンタクト)

注1)が地面に接触する瞬間です。

踵接地(heel strike)に相当します。

詳しくはこちら(異なる定義についても書いています)

荷重応答期(ローディングレスポンス)

始まり:初期接地
終わり:反対側の足が地面から離れた瞬間

観察肢の踵接地から反対側の爪先離地(toe off)までです。
つまり,両脚支持期ということです。

反対側の爪先離地は観察肢の足底接地と同じタイミングです4)ので,観察肢の踵接地から観察肢の足底接地までとしてもいいのですが,足底接地の方が先に起こるとしている文献3)もあります。

詳しくはこちら

立脚中期(ミッドスタンス)

始まり:反対側の足が地面から離れた瞬間(toe off)
終わり:観察肢の踵が床から離れた瞬間(身体重心は前足部の直上にある)

反対側の爪先離地(toe off)から観察肢の踵離地(heel off)までです。
単脚支持期で足底全体が接地しているあいだになります。

従来の立脚中期は体重が支持側下肢を通過するときで,両足部が並ぶときであり,矢状面で大腿骨大転子が支持足部中央の垂線上にあるときです3)
従来の立脚中期とは異なります。

詳しくはこちら

立脚終期(ターミナルスタンス)

始まり:観察肢の踵が床から離れた瞬間
終わり:反対側のイニシャルコンタクト

観察肢の踵離地から反対側の踵接地までです。

単脚支持期で,踵が浮いています。

詳しくはこちら

前遊脚期(プレスイング)

始まり:反対側のイニシャルコンタクト
終わり:観察肢のつま先が床から離れた瞬間

反対側の踵接地から観察肢の爪先離地までです。

反対側も接地しているので両脚支持期です。

この相は,まだ観察肢が接地していますので,従来の歩行周期では立脚期です。
しかし,ランチョ・ロス・アミーゴ方式では遊脚相になります。
荷重のほとんどは反対側に移動しており,機能的には遊脚期の準備をしていると捉えているからです。

詳しくはこちら

遊脚初期(イニシャルスイング)

始まり:観察肢のつま先が床から離れた瞬間
終わり:両側の足関節が矢状面で交差した瞬間

加速期はとほぼ同じです。
完全に同じと言えないのは,加速期の定義2)が「下肢が体幹の後方にある」と曖昧になっているからです注2)

詳しくはこちら

遊脚中期(ミッドスイング)

始まり:両側の足関節注3)が矢状面で交差した瞬間
終わり:観察肢の下腿が床に対して直角になった瞬間

従来の遊脚中期とだいたいは同じですが,正確には異なります。
従来の遊脚中期の定義は「下肢が体幹の真下にある2)」となっています。
それに対して,ランチョ・ロス・アミーゴ方式の遊脚中期は下腿が垂直になるまでで,下腿が垂直になるとき足部は体幹の前方に振り出されています。

詳しくはこちら

遊脚終期(ターミナルスイング)

始まり:観察肢の下腿が床に対して直角になった瞬間
終わり:観察肢の足が床に触れた瞬間

従来の減速期に近いものですが,全く同じではありません。

詳しくはこちら

従来の用語とランチョ・ロス・アミーゴ方式の対応表

文献1,2)には従来の用語とランチョ・ロス・アミーゴ方式の対応の表があります。
いろいろと問題がありますので,引用したうえで解説します。

観察による歩行分析1)の表

従来の用語ランチョ・ロス・アミーゴ方式
踵接地初期接地
足底接地荷重応答期
立脚中期立脚中期
踵離地立脚終期
つま先離地前遊脚期の終わり,遊脚初期の始まり
加速期遊脚初期の一部と遊脚中期
遊脚中期遊脚中期の一部と遊脚終期
減速期遊脚終期の一部

従来の用語の,踵接地,足底接地,立脚中期,踵離地,つま先離地は全てある瞬間を表しています。
一方のランチョ・ロス・アミーゴ方式では,初期接地以外は時間経過のある相を表しています。
ですので,基本的には従来の用語とランチョ・ロス・アミーゴ方式は一致しません。

従来の用語の「加速期」と,ランチョ・ロス・アミーゴ方式の「遊脚初期の一部と遊脚中期」が並んでいます。
もし,これらが同じだとするなら,遊脚初期の最初の方の一部に当たるものが,従来の用語にはないことになります。
また,「遊脚中期」と「遊脚中期の一部と遊脚終期」が並んでいて,これらも同じものなのであれば,「加速期」と「遊脚中期」は重なることになってしまいます。

文献1)には「従来の用語との対比を正確に理解するため」の表ということになっています。
対比ですので,同じだと言っているのではないのかもしれません。

基礎運動学2)の表

伝統的な定義新たな定義(ランチョ・ロス・アミゴス)
踵接地着床初期(initial contact)
踵接地から足底接地まで荷重応答期(loading response)
足底接地から立脚中期まで立脚中期(midstance)
立脚中期から踵離地まで立脚終期(terminal stance)
爪先離地遊脚前期(preswing)
爪先離地から加速期まで遊脚初期(initial swing)
加速期から遊脚中期まで遊脚中期(midswing)
遊脚中期から減速期まで遊脚終期(terminal swing)

従来の足底接地から立脚中期までがランチョ・ロス・アミーゴ方式の立脚中期であるとしていますが,これは間違っています。
前述の通りで,反対側の爪先離地から観察肢の踵離地までです。
他にもおかしいところがあるのですが,省略します。

どちらの表も,見ないほうがいいのかもしれません。
しかし,どこがおかしいのかをじっくり考えてみると,最終的にはランチョ・ロス・アミーゴ方式の歩行周期についての理解が深まるかもしれません。

正しい表を作ることができればいいのですが,どちらも定義に曖昧なところがあり,正確に対応させることができません。

おわりに

従来の用語でランチョ・ロス・アミーゴ方式の定義を理解しようとすると,ややこしくなるところも出てきます。
さくっと終わらせたい方は,従来の用語は忘れてしまった方がいいでしょう。

その他の歩行に関する記事の一覧はこちら

スポンサーリンク

注釈

1)もとの文献1)では,「脚」と「足」が混在しています。意味があって使い分けているのかもしれませんが,この記事では「足」で統一しました。
2)「筋骨格系のキネシオロジー3)」ではもう少しはっきりした定義なのですが,遊脚初期という言葉を用いており,加速期と遊脚初期が同じであるのかどうかが分からず,今回の記事には含めていません。
3)もとの文献1)での遊脚初期の終わりの定義は「両側の足関節が矢状面で交差した瞬間」となっていて,遊脚中期の始まりの定義は「両側の下腿が矢状面で交差した瞬間」となっています。どちらが正しいのかは分かりませんが,とりあえずは足関節が交差した瞬間にしています(詳しくはこちら)。

参考文献

1)月城慶一, 山本澄子, 他(訳): 観察による歩行分析. 医学書院, 2006, pp11-14.
2)中村隆一, 齋藤宏, 他: 基礎運動学(第6版補訂). 医歯薬出版, 2013, pp380-384.
3)P. D. Andrew, 有馬慶美, 他(監訳):筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版. 医歯薬出版, 2020, pp716-722.
4)武田功(統括監訳): ペリー 歩行分析 原著第2版 -正常歩行と異常歩行- .医歯薬出版, 2017, pp20.


2021年9月18日
2021年7月26日
2021年2月24日
2020年10月30日
2020年10月19日
2019年9月13日
2019年9月4日

コメント

タイトルとURLをコピーしました