神経学的検査

筋力低下と筋緊張低下の違い

投稿日:2019年8月24日 更新日:

筋力低下と筋緊張低下の違いについて考えてみました。

それぞれの定義

筋力低下は筋収縮によって発生する最大張力が小さい状態です。

筋緊張低下は骨格筋が活動する準備状態1,2)ができていないため,適切なタイミングで十分な張力が発揮できない状態です。

「筋緊張は骨格筋が活動するための準備状態である」という考え方について補足します。
筋が運動あるいは姿勢保持に必要な張力を生じるほどに収縮するにはある程度の時間が必要です。
全く収縮していない状態から収縮を始めてしまうと,必要な張力を得るのに時間がかかり,張力を必要とするタイミングに間に合わないということがありえます。
そこで,より早い段階で筋収縮を始めたり,常にある程度の筋収縮を維持していれば,より短時間で必要な張力を得ることができます。
つまり,準備しているということであり,その準備として生じるている張力が筋緊張です。

座位で身体を横に傾けていき,あるところで止めてその姿勢を保持する場合で考えてみましょう。

その姿勢を保持するための体幹の筋群の筋力が低下しているのであれば,その姿勢を保持できないか,保持できてもすぐに疲れてしまうということになります。
何回やっても同じですし,何回もすると疲れて余計に保持できなくなります。

筋力低下ではなく筋緊張低下であればどうなるでしょう。
収縮が遅れるだけですので,止めようとするときに一瞬崩れますが,もちなおして保持できるはずです。
筋緊張は治療によりその場ですぐにあがることがあります。
筋緊張をあげれば,同じことをしても姿勢は崩れなくなります。
何回も繰り返すことで,筋緊張があがっていき,姿勢の崩れがなくなるということもあります。

実際には,筋力低下と筋緊張低下が同時に存在することが多いため,このような違いをはっきりと観察できないことも多いと思います。

定義の統一について

さて,ここまで述べてきた筋力低下と筋緊張低下の違いは,「筋緊張は骨格筋が活動するための準備状態である」という定義から導かれるものです。
筋緊張の定義は統一されておらず,例えば,姿勢を保持する筋活動を筋緊張と定義3)すると,筋力低下と筋緊張低下は区別できなくなるかもしれません。
また,「筋緊張低下によって筋力低下が生じている」という表現4)をみたことがあり,話は簡単ではありません。

そして,よく考えてみると,筋力や筋力低下の定義もあやふやで,わりといい加減な使われています。

必要な張力を得られない状態は全て筋力低下を呼べる可能性がありますが,張力が得られない原因によって筋力低下と呼ぶかどうかが変わります。
しかし,そこが統一されていません。
例えば,拮抗筋の筋緊張亢進によって主動筋の筋収縮が抑制されている状態を筋力低下と呼びかどうかは統一されていません。

科学的であることを目指すのであれば,用語の定義の統一はとても大事なことです。
これからも筋力や筋緊張には注目していきたいと思っています。

おわりに

この記事に書いた考え方は誰かに教えてもらったことだと思うのですが,誰なのかはほとんど覚えていません。
私としては裏取りが不十分な記事になっています。

関連記事

筋緊張に関する記事をいくつか書いています。

筋緊張とは
筋緊張とは-簡単な説明
安静時筋緊張の評価方法 – 伸展性,被動性など基本的な方法をまとめました
筋力低下と筋緊張低下の違い
一見弛緩様とは
Modified Ashworth Scale の1+が分からない!

参考文献

1)鴨下博: 痙縮の新しい理解. 臨床リハ. 2002; 11: 893-899.
2)増田知子: 姿勢と筋緊張, 臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス 筋緊張に挑む 筋緊張を深く理解し,治療技術をアップする!. 斉藤秀之, 加藤浩(編), 文光堂, 2015, pp48-50.
3)星昌博, 丸岡知昭: セルフケアにおける筋緊張の診かた, 臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス 筋緊張に挑む 筋緊張を深く理解し,治療技術をアップする!. 斉藤秀之, 加藤浩(編), 文光堂, 2015, pp62-71.
4)鈴木俊明: 運動・生理学からみた筋緊張, 臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス 筋緊張に挑む 筋緊張を深く理解し,治療技術をアップする!. 斉藤秀之, 加藤浩(編), 文光堂, 2015, pp6-15.

2019年8月24日

-神経学的検査
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

感覚検査を行う目的-複合感覚

理学療法士が複合感覚の検査を行う目的(意義)をまとめます。 表在感覚と深部感覚については,別の記事でまとめています。 診断上の目的 まず医師にとっての診断上の目的を確認しておきます。 複合感覚の中枢は …

no image

Brunnstrom法ステージの判定基準

はじめに Brunnstrom法ステージ(ブルンストロームステージ,Brunnstrom recovery stage test)とは,片麻痺の検査の一つで,随意運動の回復過程に沿って,病的共同運動が …

no image

(上田の)12 段階片麻痺機能テストの実際(2)サブテスト – 全体

(上田の)12 段階片麻痺機能テストに関しての連続した4つの記事の2番目です。 最初から順番に読むことをお勧めします。 (上田の)12 段階片麻痺機能テストの実際(1)実施手順など (上田の)12 段 …

一見弛緩様とは

筋緊張の状態を表す用語の一つである,一見弛緩様 quasiflaccid1)についてまとめてみました。 概要 一見弛緩様とは,ゆっくりとした他動運動に対する抵抗は低下しており,視診,触診でも筋緊張低下 …

jendrassik

腱反射の増強法(腱反射を出やすくする方法)

腱反射を増強する方法(腱反射を出やすくする方法)について解説します。イェンドラシック法が有名ですが,その他の方法もとりあげ,体系的に解説します。 なぜ反射を増強させるのか 腱反射が消失していると判定す …