国家試験

肩甲骨を胸郭に押し付ける作用のある筋は前鋸筋だけか?

投稿日:

国家試験に,肩甲骨を胸郭に押し付ける作用のある筋を選ぶ問題があります。
解説と疑問点をまとめました。

まずは問題を引用します。

第54回理学療法士国家試験午前問題701)

肩甲骨を胸郭に押し付ける作用のある筋はどれか。
1.大胸筋
2.広背筋
3.前鋸筋
4.鎖骨下筋
5.肩甲挙筋

簡単に解説します。

正解は3. 前鋸筋です。

この問題は前鋸筋麻痺による翼状肩甲に関連する問題ですね。
前鋸筋の筋力低下があると,上肢を挙上しようとした時に肩甲骨の内側縁が胸郭から浮き上がります。
つまり,前鋸筋には肩甲骨を胸郭に押し付ける作用があります。

次に,いったん問題から離れて基本的なところを確認していきます。

前鋸筋の作用

起始は第1〜9肋骨で,停止は肩甲骨内側縁です。
肩甲骨の外転と上方回旋に作用します。
そして,肩甲骨と肋骨の間をつないでいるのですから,肩甲骨と肋骨を近づけることができます。
つまり,肩甲骨を肋骨(胸郭)に対して押し付ける作用があります2,3)

ただし,解剖学や運動学の教科書では,前鋸筋の肩甲骨を胸郭に押し付ける作用について明記されていないことがあります。

前鋸筋以外の肩甲骨を胸郭に押し付ける作用がある筋

大・小菱形筋には肩甲骨を胸郭に押し付ける作用があります2)

僧帽筋の筋力低下があると翼状肩甲が生じますので,僧帽筋には肩甲骨を胸郭に押し付ける作用があるといえます4)
しかし,その作用があると明記している文献は見つけられていません。

他の選択肢の筋には「押し付ける作用」はないのか?

問題に戻ります。

前鋸筋に肩甲骨を胸郭に押し付ける作用があるのは確かですが,問題が成り立つためには,他の筋にはその作用がないことが必要です。

肩甲骨から始まり,前方に走る筋であれば,肩甲骨を前に引っ張ることができ,胸郭に押し付ける作用があることになります。
そして,他の選択肢の筋にも,理論的には肩甲骨を胸郭に押し付ける作用がありそうなのです。
一つずつみていきましょう。

大胸筋

大胸筋は,胸郭の前面から上腕骨大結節稜に向かってやや後ろ向きに走ります。
ですので,上腕骨を介してですが,肩甲骨を前に引いて,胸郭に押し付けることができそうです。
いわゆる腕立て伏せをするときには,前鋸筋と大胸筋が強く働きます。
そのとき,肩甲骨の内側を胸郭に押し付けるのは前鋸筋ですが,外側を押し付けるのは大胸筋ではないでしょうか?

広背筋

走行を大まかにみると,肩甲骨の後ろからきて,肩甲骨の前で,上腕骨に停止します。
どちらかというと肩甲骨を胸郭から引き離す作用がありそうです。
しかし,肩甲骨の下角の表層をおおうように走りますので,下角を胸郭に押し付ける作用があるかもしれません。

鎖骨下筋

起始は第1肋骨と肋軟骨の連結するあたりで,停止は鎖骨の下面です。
鎖骨下筋の作用について詳しく書いているものを見つけられていないのですが,鎖骨を前方に出すとしている文献5)があります。
鎖骨を前方に出すのであれば,肩甲骨を胸郭に押し付けることになります。

肩甲挙筋

起始は第1〜4頸椎の横突起後結節で,停止は肩甲骨上角と内側縁です。
肩甲骨上角からみれば,頸椎は前にあります。
上角を前に引くことになりますから,肩甲骨を胸郭に押し付ける作用があるはずです。

以上の考察が正しければ,今回取り上げた問題は,不適切問題になるのかもしれません。
「肩甲骨の内側縁を胸郭に押し付ける作用のある筋はどれか」とすればよさそうです。

また,以上の筋について,肩甲骨を胸郭に押し付ける作用があるとしている文献を見つけることはできていません。

おわりに

国家試験に合格するためだけなら,翼状肩甲を暗記していれば十分でしょう。
でも,運動学を実際に応用して理学療法を行うためには,運動学をより深く理解しておく必要があります。
今回の問題は,筋の作用についてより深く勉強するきっかけになるかもしれませんね。

参考文献

1)第54回理学療法士国家試験、第54回作業療法士国家試験の問題および正答について
2)越智淳三(訳): 解剖学アトラス(第3版). 文光堂, 2001, pp73.
3)金子丑之助: 日本人体解剖学上巻(改訂19版). 南山堂, 2002, pp276.
4)北村 貴弘, 三浦 裕正, 他: 当科における翼状肩甲症例の検討. 整形外科と災害外科. 1998; 47: 1147-1149.
5)津山直一, 中村耕三(訳): 新・徒手筋力検査法(原著第9版). 協同医書出版社, 2015, pp460.

2020年6月16日

-国家試験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

第54回理学療法士国家試験午前問題10

Japan Coma Scale(JCS)に関する国家試験問題の解説です。 解が得られない不適切問題になるのでは?という問題提起です。また,じっくり取り組んでみると,色々と学べるところがあって面白いの …

no image

第54回理学療法士国家試験午前問題56のどこが不適切なのか

第54回理学療法士国家試験の午前の問題56は採点除外となっています。その理由は,「選択肢に不適切があるため」となっています。しかし,どのように不適切なのかは書かれていません。 そこで,不適切なところに …

no image

第53回理学療法士国家試験午後問題25は解なし?

第53回理学療法士国家試験の午後の問題25について考えてみました。 まずは問題を引用します1)。 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)の運動方向と測定肢位の組合 …

股関節屈曲のMMT,抵抗の方向を修正

MMTの基本-抵抗をかける方向

はじめに 徒手筋力検査(MMT)の基本である抵抗をかける方向について考えることができる国家試験問題があります。 第54回理学療法士国家試験の午後問題2で,「Daniels らの徒手筋力テストにおける段 …