国家試験

第53回理学療法士国家試験午後問題25は解なし?

投稿日:2020年2月4日 更新日:

第53回理学療法士国家試験の午後の問題25について考えてみました。

まずは問題を引用します1)

関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)の運動方向と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。

  1. 肩屈曲 – 前腕回外位
  2. 股内旋 – 膝関節伸展位
  3. 股外転 – 股関節伸展位
  4. 膝屈曲 – 股関節伸展位
  5. 足底屈 – 膝関節仲展位

正解は3ということになっていますが,間違っていないでしょうか?

股外転の測定肢位は背臥位ですので,股関節を伸展位にすることはできません。
股外転の測定肢位は,股関節屈伸については中間位です。

他の選択肢は全て明らかに間違っていますので,この問題は解なしの不適切問題になります。

ただし,背臥位で股関節と膝関節を屈曲位にした姿勢に対して,股関節と膝関節を伸展していって中間位となった姿勢を,下肢伸展位と呼ぶ場合があります。
そう呼ぶことを正しいとするなら,選択肢 3 は正解です。

矛盾のない正しい表現を目指すべきだと私は思います。

参考文献

1)https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/tp180511-08_09.html(2020年2月4日引用)
2)米本恭三, 石神重信, 他: 関節可動域表示ならびに測定法. リハビリテーション医学. 1995; 32: 207-217.

2020年9月26日
2020年2月4日

-国家試験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

第54回理学療法士国家試験午前問題56のどこが不適切なのか

第54回理学療法士国家試験の午前の問題56は採点除外となっています。その理由は,「選択肢に不適切があるため」となっています。しかし,どのように不適切なのかは書かれていません。 そこで,不適切なところに …

no image

肩甲骨を胸郭に押し付ける作用のある筋は前鋸筋だけか?

国家試験に,肩甲骨を胸郭に押し付ける作用のある筋を選ぶ問題があります。解説と疑問点をまとめました。 まずは問題を引用します。 第54回理学療法士国家試験午前問題701) 肩甲骨を胸郭に押し付ける作用の …

股関節屈曲のMMT,抵抗の方向を修正

MMTの基本-抵抗をかける方向

はじめに 徒手筋力検査(MMT)の基本である抵抗をかける方向について考えることができる国家試験問題があります。 第54回理学療法士国家試験の午後問題2で,「Daniels らの徒手筋力テストにおける段 …

no image

第54回理学療法士国家試験午前問題10

Japan Coma Scale(JCS)に関する国家試験問題の解説です。 解が得られない不適切問題になるのでは?という問題提起です。また,じっくり取り組んでみると,色々と学べるところがあって面白いの …