解剖生理

サイズの原理とは

投稿日:

サイズの原理とは1)

サイズの原理 size principle は,運動単位が動員される順序に関する原理です。
筋が収縮するときには,小さな運動単位が先に動員され,より強い力が要求されるとより大きな運動単位が動員されるというものです。

小さい運動単位の方が動員閾値が低いとも言えます。

また,運動単位は,その運動ニューロンが支配している筋繊維の型によって以下の3つに分けられます。

  • S型(slow): I 型(遅筋-酸化型 SO)の筋繊維
  • FR型(fast, resistant to fatigue): II A 型(速筋-酸化型-解糖型 FOG)の筋繊維
  • FF型(fast, fatigable): II B 型(速筋-解糖型 FG)の筋繊維

筋繊維の型と運動単位に含まれる筋繊維数(運動単位の大きさ)には相関があります。
つまり,S型 < FR型 < FF型の順番で大きくなります。
サイズの原理より,S型の運動単位が先に収縮し,次にFR型,FF型の順番で収縮することになります。

筋力増強運動との関係

サイズの原理を筋力増強運動にあてはめるとどうなるでしょう。

低強度(重りが軽い場合など)の運動では,小さな運動単位だけが収縮することになり,筋全体の筋力増強が得られないということになります。
しかし,実際には大きな運動単位も収縮するようです2)

一つの理論だけで考えることは危険ですね。

参考文献

1)岡田泰伸(監修): ギャノング生理学(原著25版). 丸善出版, 2017, pp129-130.
2)Fisher J, Steele J, et al.: High- and Low-Load Resistance Training: Interpretation and Practical Application of Current Research Findings. Sports Med. 2017; 47: 393-400.

2020年1月29日

-解剖生理
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エリスロポエチンとは

エリスロポエチン(erythropoietin; EPO)について簡単にまとめてみます。 エリスロポエチンとは 赤血球濃度の調節に働く物質です。エリスロポエチンが放出されると,骨髄に作用し,赤血球が増 …

大腿三角と大腿動脈の関係

大腿動脈の触知

大腿動脈の触知について,解剖学的に少しだけ詳しくみていきましょう。 大腿動脈の触知 鼠径溝(下肢と腹部の境界)中央の下肢側で触れます。筋にはおおわれず,皮膚,皮下組織,大腿筋膜におおわれるだけで,太い …

no image

筋の神経支配の覚え方 ざっくりと覚える方法

筋の神経支配を覚えるのは本当に大変です。しかし,覚えるしかありません。全て正確に覚えるのが最終目標ですが,大雑把に覚える方法があります。 下腿後面に手をあてて「1,2」大腿前面に手をあてて「3,4」上 …

足背動脈が触知できるところ

足背動脈の触知

足背動脈は,足根骨上の領域で,長母趾伸筋腱と長趾伸筋腱の間で触れることができます。 触れるのは簡単ですが,解剖学的に少しだけ掘り下げて,理解を深めたいと思います。 足背動脈の走行1,2) 足背動脈の走 …

総頸動脈の触知

総頸動脈の触知

総頸動脈の触知 総頸動脈の脈拍を触れるには,頸部の下側で,中央の気管のふくらみから外側に指をずらしていくと,簡単に触れることができます。 簡単に触れることができるので,難しく考える必要はないのかもしれ …