介護が必要になった原因で多いのは?(理学療法士国家試験解説)

はじめに

介護が必要になった原因に関する国家試験問題の解説です。
まずは,問題を引用します。

第 56 回理学療法士国家試験 午前 22

65 歳以上の要介護者または要支援の認定を受けた人で介護が必要となった原因の割合(平成 28 年度国民生活基礎調査)が最も高いのはどれか。

1.糖尿病
2.認知症
3.関節疾患
4.骨折・転倒
5.高齢による衰弱

正解 2

平成 28 年度国民生活基礎調査の結果より,関係のあるところを抜粋して表 1 に示します。

10万人あたりの人数割合
認知症1798918%
脳血管疾患(脳卒中)1658217%
高齢による衰弱1329513%
骨折・転倒1207412%
関節疾患1017310%
その他82108%
心疾患(心臓病)46335%
パーキンソン病30903%
糖尿病27393%
悪性新生物(がん)23852%
脊髄損傷22682%
呼吸器疾患21672%
不詳20112%
視覚・聴覚障害13251%
わからない10591%

表 1: 介護が必要となった主な原因(平成 28 年度国民生活基礎調査)

表の通りで,認知症が最も高くなっています。

この調査は,調査票を調査対象者が自ら記入するものです。
原因としてあてはまるものは全て選び,さらに主な原因を 1 つ選ぶようになっています。
原因は自己申告によるものであり,介護認定の情報を使ったものではありません。
ですので,理学療法士などの専門家が考える主な原因とは異なるのかもしれません。

他の年度の調査結果

平成 19 年 〜 令和元年の調査結果を表 2 に示します。
調査は毎年行われていますが,介護に関しては 3 年毎の大規模調査の時だけ調査されます。
次の国家試験で出題されるのなら,令和元年の調査が出題されると思われます。

平成19年度平成22年度平成25年度平成28年度令和元年度
脳血管疾患(脳卒中)2333721485184561658216095
心疾患(心臓病)42873946448746334542
悪性新生物(がん)17792257233823852613
呼吸器疾患21452800240521672654
関節疾患1215510891109021017310786
認知症1397615337157941798917578
パーキンソン病27903209340230902345
糖尿病26923005284127392521
視覚・聴覚障害15432131175013251352
骨折・転倒933910180118211207412530
脊髄損傷25151752231422681532
高齢による衰弱1362013710133731329512822
その他61237489756982109146
わからない122986699110591073
不詳2471941155520112413

表 2: 介護が必要となった主な原因(平成 19 年度 〜 令和元年度 国民生活基礎調査)

次に,原因の推移が分かりやすくなるよう,上位 5 つを抽出してグラフで示します(図 1)。

介護が必要となった主な原因(上位の原因の推移)
図 1: 介護が必要となった主な原因(上位の原因の推移)

脳血管障害が 1 位でしたが,平成 28 年からは認知症が 1 位になっています。

おわりに

次の調査は,令和 4 年(2022年)のはずです。
その結果が国家試験に反映されるのは令和 6 年くらいでしょうか?
国家試験対策の際には,新しいものが発表されていないかをちゃんと確認しなければなりませんね。

参考文献

1)厚生労働省: 国民生活基礎調査

2021年5月8日

コメント

タイトルとURLをコピーしました