老年医学

SARC-FとSARC-CalF(サルコペニアのスクリーニング)

投稿日:2019年7月8日 更新日:

SARC-FとSARC-CalFを簡単に紹介します。
サルコペニアのスクリーニングで使われる検査です。

SARC-Fとは

EWGSOP21)やAWGS20192)で使用が推奨されている検査です。

患者への質問による評価で,筋力,歩行,椅子から立ち上がり,階段昇降,転倒について評価します。
検査名は,Strength, Assistance with walking, Rise from a chair, Climb stairs, Falls の頭文字です。

SARC-Fの検査方法

SARC-Fを紹介した文献3)にあるものを参考にしました。
正式な日本語版です(日本語版作成方法に関する記事はこちら)。
日本語版のオリジナルの論文は入手できていません。

質問と点数は以下の通りです。

質問1. 4.5 kg くらいのものを持ち上げたり運んだりするのはどのくらいむずかしいですか?
まったくむずかしくない:0点
いくらかむずかしい:1点
とてもむずかしい,または,できない:2点

質問2. 部屋の中を歩くことはどのくらいむずかしいですか?
まったくむずかしくない:0点
いくらかむずかしい:1点
とてもむずかしい,杖などが必要,または,できない:2点

質問3. ベッドや椅子から立ち上がることはどのくらいむずかしいですか?
まったくむずかしくない:0点
いくらかむずかしい:1点
とてもむずかしい,または,介助が必要:2点

質問4. 10段くらいの階段をのぼることはどのくらいむずかしいですか?
まったくむずかしくない:0点
いくらかむずかしい:1点
とてもむずかしい,または,できない:2点

質問5. 過去1年間に何回程度転びましたか?
まったくない:0点
1-3回:1点
4回以上:2点

各質問の点数を合計します。
点数は0点から10点の範囲となります。
4点以上だとサルコペニアの可能性が高くなります。

特異度は94〜99%で,感度は3.8%〜4.8%です。
特異度が高いので,SARC-Fが陽性であれば,サルコペニアである確率は高いといえます。
一方で,感度が低いため,陰性であっても,サルコペニアを除外できません。
感度,特異度についてはこちらでまとめています。

SARC-CalFとは

SARC-Fに下腿周囲長(下腿周径)を加えたものです。
「CalF」は「calf ふくらはぎ」のことですね。
AWGS20192)で使用が推奨されています。

SARC-Fの点数に以下の基準による点数を加えます4)

下腿周囲長(男性 >34 cm, 女性 >33 cm):0点
下腿周囲長(男性 ≤34 cm, 女性 ≤33 cm):10点

さて,AWGS2019での下腿周囲長のカットオフ値は男性 <34 cm, 女性 <33 cmとなっています。
「≤」と「<」が異なります。
今回参考にした文献4)はSARC-CalF開発のオリジナル文献ではありませんので,間違っているのかもしれません。

判定基準の不明な点

質問3の立ち上がりで,手すりを使って立ち上がった場合の採点基準がありません。
補助具を使うと2点としている文献5)がありま下が,それが正式なものであるのかどうかは判断がつきませんでした。

おわりに

今回の記事は,オリジナルではない文献からの情報で書いています。
SARC-FやSARC-CalFについて大まかに知りたいという方には問題はないと思いますが,実際に臨床や研究で使用する場合には注意が必要です。

関連記事

サルコペニアについては他にもいくつかの記事があります。

サルコペニアの定義と診断(AWGS 2019)
サルコペニアの定義と診断(EWGSOP2,2018年改定)
サルコペニアの定義,診断,予防,治療(サルコペニア診療ガイドライン 2017)
二次性サルコペニアについて
サルコペニアと廃用性筋萎縮の違いについて
サルコペニアは高齢者の疾患ではない?
指輪っかテストの方法,判定,結果の解釈

参考文献

1)Cruz-Jentoft AJ, Bahat G, et al.: Sarcopenia: revised European consensus on definition and diagnosis. Age and Ageing. 2019; 48: 16–31.
2)Chen LK, Woo J, et al.: Asian Working Group for Sarcopenia: 2019 Consensus Update on Sarcopenia Diagnosis and Treatment. J Am Med Dir Assoc. 2020; 21: 300-307.
3)解良武士, 河合恒, 他: SARC-F;サルコペニアのスクリーニングツール. 日本老年医学会雑誌. 2019; 56: 227-233.
4)Yang M, Jiang J, et al.: Sarcopenia for predicting mortality among elderly nursing home residents SARC-F versus SARC-CalF. Medicine. 2019; 98: 1-9.
5)Malmstrom TK, Miller DK, et al.: SARC-F: a symptom score to predict persons with sarcopenia at risk for poor functional outcomes. Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle. 2016; 7: 28-36.

2020年3月21日
2019年8月3日
2019年7月8日

-老年医学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

せん妄と認知症との鑑別

せん妄と認知症との鑑別についてまとめました。 鑑別の重要性 せん妄の症状と認知症の症状は似ているところがあります。どちらも記憶障害,見当識障害が生じます。過活動型せん妄による不穏状態が,認知症の行動・ …

指輪っかテストの検査肢位

指輪っかテストの方法,判定,結果の解釈

指輪っかテストについてを元の論文1)に基づいて解説します。 指輪っかテスト(finger-ring test)はサルコペニアのスクリーニングの検査です。AWGS 2019でも紹介されています。 指輪っ …

no image

高齢者の3Dとは

高齢者の3Dとは,高齢者に多い精神医学的問題で,せん妄(delirium),認知症(dementia),うつ病(depression)の3つのことです。 これらの鑑別について,以下の記事でまとめていま …

no image

うつと認知症との鑑別

うつと認知症との鑑別についてまとめました。 鑑別の重要性 高齢者のうつと認知症は症状が似ています。高齢者がうつになると,精神運動制止,思考制止などにより,物忘れや判断力の低下などが生じます。その症状が …

サルコペニアの発見,診断,重症度の評価のためのアルゴリズム

サルコペニアの定義と診断(EWGSOP2,2018年改定)

はじめに European Working Group on Sarcopenia in Older People (EWGSOP)によるサルコペニアの定義は2010年に発表されました。そして,201 …