老年医学

指輪っかテストの方法,判定,結果の解釈

投稿日:

指輪っかテストについてを元の論文1)に基づいて解説します。

指輪っかテスト(finger-ring test)はサルコペニアのスクリーニングの検査です。
AWGS 2019でも紹介されています。

指輪っかとは,両手の親指と人差し指で作った輪のことです(図1)。

指輪っか
図1

その指輪っかの周径と下腿の周径を比べる検査です。
器具を使わず,どこでも行うことができるます。

検査方法

座位で行います。
膝の屈曲角度は90度となるようにします。
下腿は露出します。

利き足ではない方のふくらはぎの最も太いところを,指でそっと囲みます(図2)。
強く圧迫して触れているところが凹まないようにします。
親指が後ろ側になります。

指輪っかテストの検査肢位
図2

利き足は,歩き始めに最初に踏み出す足です3)

判定

  • 囲めない(bigger):ふくらはぎの方が太くて指が離れる
  • ちょうど囲める(just-fit):ふくらはぎの周径と指輪っかの周径が同じで隙間がない
  • 隙間ができる(smaller):ふくらはぎの方が細くて隙間ができる
囲めない
ちょうど囲める
隙間ができる
図3

結果の解釈

下腿周径を簡単に評価する方法であり,四肢の骨格筋量を間接的に測ることになります。

「囲めない」と較べて,「ちょうど囲める」や「隙間ができる」は,サルコペニア発症のリスク,要介護や死亡のリスクが高いと判定します。
当然,「ちょうど囲める」よりも「隙間ができる」の方がリスクは高くなります。

極端な浮腫や肥満がある場合,「囲めない」と判定されやすくなり,リスクを見落としやすくなります。

診断にも使えそうですが,感度・特異度の報告はありません。

フレイルの判定にも応用されつつあります4)

リスクの具体的な数値

「囲めない」との比較になります。

サルコペニアを発症するリスク

ちょうど囲める:2.09倍
隙間ができる:3.36倍

要介護となるリスク

隙間ができる:1.96倍

死亡のリスク

隙間ができる:3.16倍

これらの数値を算出した研究1)の対象は,地域在住の65歳以上(平均年齢72.8 ± 5.4)の男女です。
数値を当てはめることができるのは,このような人たちです。

補足説明

論文1)には図4のような第3〜5指を屈曲した指輪っかが載っています。

指輪っか 第3〜5指が屈曲
図4

これだと第3〜5指がつかえて,指輪っかの周径が小さくなり,「囲めない」と判定されやすくなると思います。
また,論文1)には第3〜5指が伸展している図も載っており,異なる指輪っかが混在しています。
スクリーニング検査ですので,あまり細かいところは気にしなくてもいいのですが,私は,図1のように全部の指を伸ばした指輪っかに統一する方がいいと思っています。

利き足の定義について,開発者の論文1,2)には記載がありませんでした。
別の研究者による指輪っかテストを使った研究3)に,利き足の定義がありましたので,それを使いました。

参考文献

1)Tanaka T, Takahashi K, et al.: “Yubi-wakka” (finger-ring) test: A practical self-screening method for sarcopenia, and a predictor of disability and mortality among Japanese community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol Int. 2018; 18: 224-232. doi: 10.1111/ggi.13163.
2)田中友規: 地域におけるサルコペニアスクリーニング. Geriat. Med. 2019; 57: 1035-1039.
3)Hiraoka A, Izumoto H, et al.: Easy surveillance of muscle volume decline in chronic liver disease patients using finger-circle (yubi-wakka) test. J Cachexia Sarcopenia Muscle. 2019;10: 347-354. doi: 10.1002/jcsm.12392.
4)Fujii H, Kodani E, et al.: “Yubi-wakka” (Finger-Ring) Test: A Tool to Detect Prefrailty in Elderly Populations, a Pilot Study. J Clin Med Res. 2019; 11: 623-628. doi: 10.14740/jocmr3917.

関連記事

サルコペニアの定義と診断(AWGS 2019)
サルコペニアの定義と診断(EWGSOP2,2018年改定)
サルコペニアの定義,診断,予防,治療(サルコペニア診療ガイドライン 2017)
二次性サルコペニアについて
サルコペニアと廃用性筋萎縮の違い
サルコペニアは高齢者の疾患ではない?
SARC-FとSARC-CalF(サルコペニアのスクリーニング)

2020年9月25日

-老年医学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高齢者の3Dとは

高齢者の3Dとは,高齢者に多い精神医学的問題で,せん妄(delirium),認知症(dementia),うつ病(depression)の3つのことです。 これらの鑑別について,以下の記事でまとめていま …

サルコペニアの発見,診断,重症度の評価のためのアルゴリズム

サルコペニアの定義と診断(EWGSOP2,2018年改定)

はじめに European Working Group on Sarcopenia in Older People (EWGSOP)によるサルコペニアの定義は2010年に発表されました。そして,201 …

no image

フレイルの定義と診断基準

フレイルとは何かについて,基本的なところをまとめてみたいと思います。 フレイルの定義や診断基準などは十分に統一されていませんが,本邦では,日本老年医学会によるものが広まっているようです。そもそも,Fr …

no image

サルコペニアと廃用性筋萎縮の違い

はじめに サルコペニア(Sarcopenia 加齢性筋肉減少症)と廃用性筋萎縮の違いについて簡単に説明します。 サルコペニアとは「並存疾患とは関係なく,加齢によって,骨格筋の減少に加えて,筋力の低下と …

no image

認知症の2次要因と理学療法士ができること

認知症の2次要因1)について解説します。さらに理学療法士による認知症へのアプローチについても考えてみたいと思います。 認知症の2次要因とは 認知症の症状は,アルツハイマ-病や脳血管障害などによる中枢神 …