老年医学

サルコペニアは高齢者の疾患ではない?

投稿日:2019年7月14日 更新日:

「サルコペニア診療ガイドライン 2017年版1)」でのサルコペニアの定義は以下のようになっています。

サルコペニアは高齢期にみられる骨格筋量の低下と筋力もしくは身体機能(歩行速度など)の低下により定義される。

サルコペニアは高齢者で生じる疾患であるということになりますが,EWGSOP2によって改定されたサルコペニアの定義についての論文2)で,「サルコペニアの発症は人の一生のより早い時期に始まる」というような記述がありました。
それ以上の詳しい説明はありませんので,この記述のもとになっている論文3)を読み,概要をまとめてみました。

筋力が能力低下を起こすほどに低下するのは,筋力の低下率が大きくなることだけでなく,若いときに獲得した筋力の低さも影響します。
もともと筋力が低いので,筋力低下が始まるとより早期に能力低下を起こすレベルになってしまうということです。
論文3)では,この若い時のピーク時の筋力に影響する要因をレビューしています。

動物実験の結果がいくつか紹介されています。
その一つは,妊娠中の母体の低栄養により,胎児の遅筋線維が少なくなったというものです。
出生前の環境により筋の質が変わる可能性があるということです。

そして,ヒトでは,出生時の体重が少ないと,大人になってからの握力も小さいという関係が分かっているそうです。

論文には明記されていませんが,出生前の環境により,サルコペニアを発症しやすい筋になっている可能性があるということのようです。
出生前からサルコペニアを発症していることを確認できたという論文ではありません。

サルコペニア発症のメカニズムが分子レベルあるいは細胞レベルで分かっていないのですから,はっきりしたことは言えないということのようです。

さて,EWGSOP2によって改定されたサルコペニアの定義には「高齢者」とか「加齢による」という言葉が入っていません。
今後,サルコペニア発症のメカニズムが解明され,もしかしたら胎児がサルコペニアを発症していることが分かるようになるのかもしれません。
あるいは,若年者のサルコペニアに対する治療が重要になってくるのかもしれません。
そういう可能性を見越して,「高齢者」とか「加齢による」という言葉を入れなかったのではないでしょうか?

関連記事

サルコペニアの定義と診断(AWGS 2019)
サルコペニアの定義と診断(EWGSOP2,2018年改定)
サルコペニアの定義,診断,予防,治療(サルコペニア診療ガイドライン 2017)
二次性サルコペニアについて
サルコペニアと廃用性筋萎縮の違い
SARC-FとSARC-CalF(サルコペニアのスクリーニング)
指輪っかテストの方法,判定,結果の解釈

参考文献

1)http://jssf.umin.jp/pdf/jssf_guideline.pdf(2019年7月14日引用)
2)Cruz-Jentoft AJ, Bahat G, et al.: Sarcopenia: revised European consensus on definition and diagnosis. Age and Ageing. 2019; 48: 16–31.
3)Sayer AA, Syddall H, et al.: The developmental origins of sarcopenia. J Nutr Health Aging. 2008; 12: 427-432.

2019年7月14日

-老年医学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

サルコペニアの定義,診断,予防,治療(サルコペニア診療ガイドライン 2017)

注意!この記事は改訂版の内容が反映されておらず,最新の情報ではありません。 サルコペニア診療ガイドライン 2017年版が公開されています。理学療法士として最低限必要なところを確認してみました。 サルコ …

no image

高齢者の3Dとは

高齢者の3Dとは,高齢者に多い精神医学的問題で,せん妄(delirium),認知症(dementia),うつ病(depression)の3つのことです。 これらの鑑別について,以下の記事でまとめていま …

指輪っかテストの検査肢位

指輪っかテストの方法,判定,結果の解釈

指輪っかテストについてを元の論文1)に基づいて解説します。 指輪っかテスト(finger-ring test)はサルコペニアのスクリーニングの検査です。AWGS 2019でも紹介されています。 指輪っ …

一般の診療所や地域での診断アルゴリズム

サルコペニアの定義と診断(AWGS 2019)

AWGS(Asian Working Group for Sarcopenia)2019による,サルコペニアの診断と治療についてのコンセンサスの更新がありました。その論文1)にある新しい診断基準を紹介 …

no image

うつと認知症との鑑別

うつと認知症との鑑別についてまとめました。 鑑別の重要性 高齢者のうつと認知症は症状が似ています。高齢者がうつになると,精神運動制止,思考制止などにより,物忘れや判断力の低下などが生じます。その症状が …