老年医学

高齢者の3Dとは

投稿日:2019年2月27日 更新日:

高齢者の3Dとは,高齢者に多い精神医学的問題で,せん妄(delirium),認知症(dementia),うつ病(depression)の3つのことです。

これらの鑑別について,以下の記事でまとめています。

うつと認知症との鑑別
せん妄と認知症との鑑別

参考文献

1)下田健吾: 認知症とせん妄. 認知症の最新医療. 2017; 7: 92-93.

2019年2月28日
2019年2月27日

-老年医学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「サルコペニア診療ガイドライン 2017 年版 一部改訂」の要点

はじめに サルコペニア診療ガイドライン 2017 年版 一部改訂が公開されています。理学療法士として最低限必要なところをまとめてみました。 サルコペニアの定義 「サルコペニアは高齢期にみられる骨格筋量 …

no image

二次性サルコペニアについて

二次性サルコペニアの定義と問題点を解説します。 EWGSOP2による定義1) 2018年の European Working Group on Sarcopenia in Older People ( …

no image

せん妄と認知症との鑑別

せん妄と認知症との鑑別についてまとめました。 鑑別の重要性 せん妄の症状と認知症の症状は似ているところがあります。どちらも記憶障害,見当識障害が生じます。過活動型せん妄による不穏状態が,認知症の行動・ …

no image

うつと認知症との鑑別

うつと認知症との鑑別についてまとめました。 鑑別の重要性 高齢者のうつと認知症は症状が似ています。高齢者がうつになると,精神運動制止,思考制止などにより,物忘れや判断力の低下などが生じます。その症状が …

no image

サルコペニアと廃用性筋萎縮の違い

はじめに サルコペニア(Sarcopenia 加齢性筋肉減少症)と廃用性筋萎縮の違いについて簡単に説明します。 サルコペニアとは「並存疾患とは関係なく,加齢によって,骨格筋の減少に加えて,筋力の低下と …