解剖生理

エリスロポエチンとは

投稿日:2020年4月15日 更新日:

エリスロポエチン(erythropoietin; EPO)について簡単にまとめてみます。

エリスロポエチンとは

赤血球濃度の調節に働く物質です。
エリスロポエチンが放出されると,骨髄に作用し,赤血球が増えます。
造血因子の一つです。

分泌の調節

低酸素(酸素分圧の低下)によって分泌が促されます。

供給源

腎臓(約85%)と肝臓(15%)で作られます。

臨床

腎疾患でエリスロポエチンの量が減ると貧血になります。

エリスロポエチンは人工的に作ることができ,貧血治療に使われています。

ドーピングに使われる物質としても有名です。

その他

物質してはポリペプチドで,糖タンパク質です。

サイトカインの一種で,広義のホルモンともいえます。

参考文献

1)岡田泰伸(監修): ギャノング生理学 原著25版. 丸善出版, 2017, pp834-835.
2)本間研一(監修): 標準生理学 第9版. 医学書院, 2019, pp546-547.

関連記事

腎臓の基本を以下の記事でまとめています。
腎臓とは(最初に覚えること)

2020年6月9日
2020年4月15日

-解剖生理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

足背動脈が触知できるところ

足背動脈の触知

足背動脈は,足根骨上の領域で,長母趾伸筋腱と長趾伸筋腱の間で触れることができます。 触れるのは簡単ですが,解剖学的に少しだけ掘り下げて,理解を深めたいと思います。 足背動脈の走行1,2) 足背動脈の走 …

腕神経叢の模式図

腕神経叢の要点を正攻法で覚える

腕神経叢の重要なところを覚える方法です。語呂合わせとかではなく解剖学的な位置関係を踏まえた正攻法です。 図1を見ながらお読みください。 図1 神経幹 C5〜Th1から始まり,上・中・下神経幹の3幹に分 …

ウィリス動脈輪

脳の動脈とその灌流域

脳の動脈とその灌流域は覚えるのが大変ですが,脳卒中のリハビリテーションでは必須の知識です。最低限覚えておきたいところをまとめてみました。 主な動脈の走行 脳の動脈には内頸動脈系と椎骨動脈系があります。 …

環椎(第1頸椎)

環椎の椎体はどこにいった?

環椎は椎体がありません。 そのことについて疑問に思ったことはありませんか?環椎には前弓と呼ばれる部分(図1)がありますが,それは普通の頚椎の椎体(図2)が細くなったものなのではないでしょうか? 図1 …

中大脳動脈とレンズ核線条体動脈

中大脳動脈の走行

中大脳動脈の走行について,最低限覚えておきたいところをまとめてみました。 内頸動脈が中大脳動脈に移行します。外側溝を外側に走り,大脳半球外側面に向かいます(図1)。外側溝(シルヴィウス溝)は側頭葉を前 …