解剖生理

筋の神経支配の覚え方 ざっくりと覚える方法

投稿日:2019年4月13日 更新日:

筋の神経支配を覚えるのは本当に大変です。
しかし,覚えるしかありません。
全て正確に覚えるのが最終目標ですが,大雑把に覚える方法があります。

下腿後面に手をあてて「1,2」大腿前面に手をあてて「3,4」上腕前面に手をあてて「5,6」上腕後面に手をあてて「7,8」と唱えます。

下腿や大腿の後面にある筋はS1〜2あたりに支配され,大腿前面の筋はL3〜4あたりに支配され,上腕前面の筋はC5〜6あたりに支配され,上腕後面の筋はC7〜8あたりに支配されるということです。

基礎運動学1)でいくつかの筋のとその神経支配をみてみましょう。

腓腹筋:L(4),5〜S1,(2)
長母趾屈筋:L5〜S2
大腿二頭筋長頭:L5〜S2
大腿直筋:L2〜4
外側広筋:L3〜4
上腕二頭筋:C5〜6
上腕三頭筋:C6〜8

いい加減で不正確ですが,だいたいあっています。
国家試験のような選択肢のある問題だと,この程度の知識でも正解にたどりつけることがあります。
最初から一つずつ正確に覚えるのは大変ですので,まずは最初の一歩として,全体を大まかに覚えるというのもありだと思います。

この覚え方は学生の時に誰かに教えてもらったような気がします。
その方に感謝!

参考文献

1)中村隆一, 齋藤宏, 他: 基礎運動学(第6版補訂). 医歯薬出版, 2013, pp213-296.

関連記事

二重神経支配の筋 覚える意味と全リスト
腕神経叢の要点を正攻法で覚える
デルマトーム 最低限覚えておきたいところ(別のブログにとびます)

2020年3月4日 加筆修正
2019年4月15日 加筆修正
2019年4月13日

-解剖生理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

総頸動脈の触知

総頸動脈の触知

総頸動脈の触知 総頸動脈の脈拍を触れるには,頸部の下側で,中央の気管のふくらみから外側に指をずらしていくと,簡単に触れることができます。 簡単に触れることができるので,難しく考える必要はないのかもしれ …

内側踵骨枝の分岐と走行

内側踵骨枝(脛骨神経の枝)が絞扼性神経障害を起こすことがあるのですが,教科書ではあまり詳しく書かれていません。そこで,まずは内側踵骨枝の分岐と走行を確認してみることにしました。 「足根管部の解剖学的研 …

no image

エリスロポエチンとは

エリスロポエチン(erythropoietin; EPO)について簡単にまとめてみます。 エリスロポエチンとは 赤血球濃度の調節に働く物質です。エリスロポエチンが放出されると,骨髄に作用し,赤血球が増 …

中大脳動脈とレンズ核線条体動脈

中大脳動脈の走行

中大脳動脈の走行について,最低限覚えておきたいところをまとめてみました。 内頸動脈が中大脳動脈に移行します。外側溝を外側に走り,大脳半球外側面に向かいます(図1)。外側溝(シルヴィウス溝)は側頭葉を前 …

心臓が矢状面上を水平軸で後方に回旋している図

心臓の傾き(回転)を図解

心臓の位置を勉強するときには,まずは心臓の傾き(回転)を理解する必要があります。 この記事では,内容を心臓の傾き(回転)に絞って,図で説明したいと思います。 心臓の縦軸は右上後方から左下前方に走ります …