スポーツ

走行(ランニング)の周期

投稿日:

はじめに

走行周期について簡単に説明します。

ペリーらによるもの1)です。

走行周期には,立脚期,初期滞空期,遊脚中期,後期滞空期の4つがあります(図1)。

初期滞空期,遊脚中期,後期滞空期の3つは遊脚期です。

滞空期,すなわち両足とも接地していない相があるのが,歩行との違いです。
また,走行では両下肢支持期がありません。

走行周期
図1:走行周期

立脚期 stance

初期接地から足趾離地までです(図2)。
単下肢支持期です。
図は右下肢の周期を示しています。

立脚期
図2

初期滞空期 early float

足趾離地から反対側の初期接地までです(図3)。
遊脚初期 early swing2)ともいいます。

初期滞空期
図3

遊脚中期 middle swing

反対側の初期接地から反対側の足趾離地までです(図4)。
反対側の立脚期と一致します。

遊脚中期
図4

後期滞空期 late float

反対側の足趾離地から初期接地までです(図5)。
遊脚後期 late swing2)ともいいます。

後期滞空期
図5

立脚期の細分化

立脚期は,さらに荷重応答期,立脚中期,立脚終期の3つに分けることができますが,その定義は文献1)には明示されていません。

歩行周期と同じように考えると,ロッカーファンクションの違いで分ければいいのではないかと,私は考えています。

ヒールロッカーのときが荷重応答期,アンクルロッカーのときが立脚中期,そしてフォアフットロッカーのときが立脚終期です。

ロッカーファンクションが変わるところは,下肢の動きが目で見て大きく変わるところですので,そこで相を分けるのが妥当だと思います。

Forefoot strike(前足部接地)では,ヒールロッカーはありません。
Forefoot strike 場合,足部の外側から接地し,次に足部の内側が接地するという動きがありますので,その動きが荷重応答期になると思います。

おわりに

走行(ランニング)の研究は,歩行に比べると遅れている印象です。
走行の治療をする機会は少ないですからね。

参考文献

1)武田功(統括監訳): ペリー 歩行分析 原著第2版 -正常歩行と異常歩行- .医歯薬出版, 2017, pp266-275.
2)Pink M, Perry J, et al.: Lower extremity range of motion in the recreational sport runner. Am J Sports Med. 1994; 22: 541-549. doi: 10.1177/036354659402200418.

関連記事

走行周期を理解するためには,先に歩行周期やロッカーファンクションを学んでおいたほうがいいでしょう。

ランチョ・ロス・アミーゴ方式の歩行周期の定義
ロッカーファンクションについて(基礎編)
Foot-strike Patterns の分類

2020年10月1日

-スポーツ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ランニングで足のどこから着地しているか?その自己認識は難しいという話

ランニングで足のどこから着地していますか?という問いに,多くの人は答えることができます。足が地面についたという感覚があるからです。でも,その自己認識は本当に正しいのでしょうか? それを調べた論文1)を …

かかと着地からつま先着地への変更に伴う着地位置の前方移動

つま先着地 vs. かかと着地よりも大事なこと

はじめに 長距離のランニングにおいて,かかと着地よりもつま先着地の方が故障が少ないのではないか?という説は有名です。実際のところどの着地がいいのかはよく分かっていないのですが,つま先着地の方が着地した …

Midfoot strike

Foot-strike Patterns の分類

はじめに Foot-strike Patterns(FSP) とは,足部接地の型のことであり,足部がどのように地面に接地するかを分類するものです。通常はランニングにおける接地を指します。 つま先着地や …

MFSにおける圧中心の軌跡

Strike Index(ストライクインデックス )の詳細

まず strike index の日本語訳についてあらかじめお断りしておきます。Strike index を日本語の論文で使っているのを見つけることができず,適当な日本語訳が分かりませんでした。英語の …