解剖生理

足背動脈の触知

投稿日:2020年4月8日 更新日:

足背動脈は,足根骨上の領域で,長母趾伸筋腱と長趾伸筋腱の間で触れることができます。

触れるのは簡単ですが,解剖学的に少しだけ掘り下げて,理解を深めたいと思います。

足背動脈の走行1,2)

足背動脈の走行を図1に示します。

足背動脈の走行と触知
図1(文献1より)

前脛骨動脈と足背動脈はひと続きの動脈なのですが,どこで名前が変わるのかは明記されていません。
下伸筋支帯をくぐり抜けた先は確実に足背動脈です。
そして第1中足骨間隙(第1中足骨と第2中足骨の間)に達したところで,足背枝(第1背側中足動脈)と足底枝に分かれます。

足背動脈の触知

足背動脈があるのは,舟状骨,楔状骨の上です。
足全体を内側からみると,足根中足関節(リスフラン関節)のところで角度がついているので,足根骨がある領域はすぐに見つかります。
長母趾伸筋腱と長趾伸筋腱の間を走っているので,それらの腱が目印になります。
慣れないうちは前脛骨筋腱を先に見つけるといいでしょう。
前脛骨筋腱から外側に指をずらしていくと長母趾伸筋腱が見つかります。
さらに外側にたどっていくと,長母趾伸筋腱と長趾伸筋腱の間の,少しくぼんだようなところがあり,そこで足背動脈を触れることができます。

足背動脈触知の意義

拍動の減弱や消失があれば,閉塞性動脈硬化症などの末梢の循環障害を疑います。
ただし,足背動脈には変異があり,健常者の10%で触れることができません3)

足関節上腕血圧比をとる場合,足背動脈が使われます。

図の補足説明

図は文献1を参考にして作図しています。
足背の筋膜を除去した層の図です。
足背動脈の枝のいくつかは省略しており,静脈と神経も省略しました。
足の内在筋も正確には描いていませんので,ご注意ください。

参考文献

1)越智淳三(訳):解剖学アトラス(第3版). 文光堂, 2001, pp208.
2)金子丑之助: 日本人体解剖学下巻(改訂19版). 南山堂, 2008, pp134-135
3)岡安大仁, 道場信孝(編): JJNブックス バイタルサイン 診かたからケアの実際まで. 医学書院, 1995, pp18.

関連記事

総頸動脈の触知
大腿動脈の触知
足関節上腕血圧比(ABI)とは

2020年8月23日
2020年4月8日

-解剖生理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

環椎(第1頸椎)

環椎の椎体はどこにいった?

環椎は椎体がありません。 そのことについて疑問に思ったことはありませんか?環椎には前弓と呼ばれる部分(図1)がありますが,それは普通の頚椎の椎体(図2)が細くなったものなのではないでしょうか? 図1 …

no image

多関節筋(二関節筋)の一覧

多関節筋の一覧を作ってみました。 多関節筋とは 多関節筋とは,2つ以上の関節にまたがっている筋です。2つの関節をまたぐのであれば二関節筋で,1つだけなら単関節筋(一関節筋)です。 もう少し正確に多関節 …

大腿三角と大腿動脈の関係

大腿動脈の触知

大腿動脈の触知について,解剖学的に少しだけ詳しくみていきましょう。 大腿動脈の触知 鼠径溝(下肢と腹部の境界)中央の下肢側で触れます。筋にはおおわれず,皮膚,皮下組織,大腿筋膜におおわれるだけで,太い …

no image

筋の神経支配の覚え方 ざっくりと覚える方法

筋の神経支配を覚えるのは本当に大変です。しかし,覚えるしかありません。全て正確に覚えるのが最終目標ですが,大雑把に覚える方法があります。 下腿後面に手をあてて「1,2」大腿前面に手をあてて「3,4」上 …

内側踵骨枝の分岐と走行

内側踵骨枝(脛骨神経の枝)が絞扼性神経障害を起こすことがあるのですが,教科書ではあまり詳しく書かれていません。そこで,まずは内側踵骨枝の分岐と走行を確認してみることにしました。 「足根管部の解剖学的研 …