解剖生理

中大脳動脈の走行

投稿日:

中大脳動脈の走行について,最低限覚えておきたいところをまとめてみました。

内頸動脈が中大脳動脈に移行します。
外側溝を外側に走り,大脳半球外側面に向かいます(図1)。
外側溝(シルヴィウス溝)は側頭葉を前頭葉および頭頂葉と分ける溝です。

脳底部での中大脳動脈の走行
図1(脳底の血管)文献2を参考にして作図。赤色は内頸動脈と中大脳動脈,ピンク色はその他の動脈。図の右(左の脳)の側頭葉と小脳は切り取られている。

図1をイメージできるようになると,そこから発展して脳の動脈を覚えやすくなると思います。

中大脳動脈は外側溝を走りながら上向きに重要な枝を出します。
レンズ核線条体動脈(線条体枝)です(図2)。

中大脳動脈とレンズ核線条体動脈
図2(脳前額断)文献2を参考にして作図。レンズ核線条体動脈は複数ある。

図2を覚えていれば,MRAなどの脳血管の画像を勉強するときの足掛かりになると思います。

参考文献

1)馬場元毅: 絵でみる脳と神経 しくみと障害のメカニズム 第3版. 医学書院, 2012, pp57-61.
2)越智淳三(訳):解剖学アトラス(第3版). 文光堂, 2001, pp516-518.
3)金子丑之助: 日本人体解剖学下巻(改訂19版). 南山堂,2008, pp60-65.

関連記事

この記事は以下の記事を補足するものでもあります。

脳の動脈とその灌流域

2020年5月8日

-解剖生理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

肝臓の血管

肝臓について最初に覚えること

肝臓について,理学療法士としてまず最初に覚えるべきことをまとめていきます。 肝臓の働き 肝臓は消化管に開口する腺です。肝臓の働きには様々なものがありますが,まずは以下の3つを覚えておくといいでしょう。 …

総頸動脈の触知

総頸動脈の触知

総頸動脈の触知 総頸動脈の脈拍を触れるには,頸部の下側で,中央の気管のふくらみから外側に指をずらしていくと,簡単に触れることができます。 簡単に触れることができるので,難しく考える必要はないのかもしれ …

no image

サイズの原理とは

サイズの原理とは1) サイズの原理 size principle は,運動単位が動員される順序に関する原理です。筋が収縮するときには,小さな運動単位が先に動員され,より強い力が要求されるとより大きな運 …

足背動脈が触知できるところ

足背動脈の触知

足背動脈は,足根骨上の領域で,長母趾伸筋腱と長趾伸筋腱の間で触れることができます。 触れるのは簡単ですが,解剖学的に少しだけ掘り下げて,理解を深めたいと思います。 足背動脈の走行1,2) 足背動脈の走 …

内側踵骨枝の分岐と走行

内側踵骨枝(脛骨神経の枝)が絞扼性神経障害を起こすことがあるのですが,教科書ではあまり詳しく書かれていません。そこで,まずは内側踵骨枝の分岐と走行を確認してみることにしました。 「足根管部の解剖学的研 …