視神経の走行:どこからどこまでが視神経なのか?

はじめに

視神経(第 II 脳神経 optic nerve)は視覚を司る感覚神経です。

眼球から出て視交叉までが視神経である7)ということになっています(図 1)。

視覚路の概念図
図 1: 視覚路の概念図

しかし,視神経の走行を細胞レベルでみると,視神経はもっと長いのでは?と思えてきます。

まずは視覚路を簡単に確認していきます。

視覚路を構成するニューロン3)

1 次ニューロン:視細胞

視細胞は光を感受する細胞です。
桿体(杆体)と錐体があります。
網膜内にあります。

2 次ニューロン:双極神経細胞

網膜内にあります。
短い神経です。

3 次ニューロン:神経節細胞

神経細胞体は網膜内にあります。
そして,神経節細胞の軸索が束になって眼球を出ていき,視神経となります。

4 次ニューロン:外側膝状体ニューロン

外側膝状体は視床の核です。
大脳皮質後頭葉の視覚中枢(有線野)へ投射します。

細胞レベルで視神経はどこからどこまでなのか?

細胞レベルでは,視神経を構成する神経節細胞の神経細胞体は網膜にあり,軸索は視床の外側膝状体まで伸びています。

ですので,視神経は網膜から外側膝状体までと解釈することが可能です。

しかし,解剖学等の文献では,視神経は眼球を出たところから視交叉までとなっていることが多い印象があります。
また,明記されていないこともあります。
例えば,グレイ解剖学4)では,「視神経は,網膜から始まる求心性(感覚性)神経線維が直接脳内の視中枢へ到達する経路にあたる」とあり,視中枢がどれなのかがはっきりしません。

おわりに

視神経の構造を正確に理解できていれば,どこからどこまでが視神経なのかということは,それをどう定義するのかというだけのことですので,あまり気にする必要はありません。

ただ,私は養成校の教員をしていたことがあるので,こういうことは気になります。
試験問題が作りにくくなりますので。

おすすめの記事

嗅神経の正確な位置について
動眼神経の走行と働き
滑車神経の走行と働き
三叉神経の走行と働き
外転神経の走行と働き
顔面神経の走行と働き
内耳神経の走行と働き
舌咽神経の走行と働き
迷走神経の走行と働き
副神経の走行と働き
舌下神経の走行と働き

参考文献

1)金子丑之助: 日本人体解剖学上巻(改訂19版). 南山堂, 2002.
2)金子丑之助: 日本人体解剖学下巻(改訂19版). 南山堂, 2008.
3)越智淳三(訳): 解剖学アトラス(第3版). 文光堂, 2001, pp548-558.
4)岡田泰伸(監修): ギャノング生理学 原著25版. 丸善出版, 2017, pp211-237.
5)秋田恵一(訳): グレイ解剖学(原著第4版). エルゼビア・ジャパン, 2019, pp765.
6)本間研一(監修): 標準生理学 第9版. 医学書院, 2019, pp305-310.
7)馬場元毅: 絵でみる脳と神経 しくみと障害のメカニズム 第3版. 医学書院, 2012, pp160-163.

2021年6月14日

コメント

タイトルとURLをコピーしました