トレイリング姿勢とは

はじめに

トレイリング姿勢(trailing position)について簡単に説明します。

トレイリングポジションともいいます。
トレイリングリム(trailing limb)もほぼ同じ意味です。

トレイリング姿勢の定義

身体重心が前足部の支持面の直上から大きく離れて前にある状態1)です(図 1)。

トレイリング姿勢
図 1: トレイリング姿勢

解説

歩行分析で使われる言葉です。

立脚終期(ターミナルスタンス)において,股関節が過伸展になっている状態を指します。

足が後ろに残って,股関節が前に出ている状態ともいえます。

重心点が支持基底面の外に出ている状態です。
止まった状態であれば転倒します。
歩行では,このような身体が落下するエネルギーを前進するエネルギーに変換することで前に進んでいます。

股関節の具体的な角度2)をあげておきます。
立脚終期が始まる歩行周期の31%の時点で,大腿部の垂直線に対する角度は,伸展 -6.1°です。
立脚終期が終わる歩行周期の50%の時点では,大腿部の角度は-19.2°となり,最も過伸展した肢位になります(詳しくはこちら)。

おわりに

ちなみに,「trail」という英単語には,「たなびく」という意味があります。
足が後ろにたなびいているという感じなのかもしれません。

こちらもおすすめ

ランチョ・ロス・アミーゴ方式の歩行周期の定義(従来の用語との関連)

その他の歩行に関する記事の一覧はこちら

スポンサーリンク

参考文献

1)月城慶一, 山本澄子, 他(訳): 観察による歩行分析. 医学書院, 2006, pp177.
2)武田功(統括監訳): ペリー 歩行分析 原著第2版 -正常歩行と異常歩行- .医歯薬出版, 2017, pp365-367.


2020年10月15日

コメント

タイトルとURLをコピーしました