運動学

トレイリング姿勢とは

投稿日:2020年10月15日 更新日:

はじめに

トレイリング姿勢(trailing position)について簡単に説明します。

トレイリングポジションともいいます。
トレイリングリム(trailing limb)もほぼ同じ意味です。

定義

身体重心が前足部の支持面の直上から大きく離れて前にある状態1)です。

解説

歩行分析で使われる言葉です。

立脚終期(ターミナルスタンス)において,股関節が過伸展になっている状態を指します。

足が後ろに残って,股関節が前に出ている状態ともいえます。

重心点が支持基底面の外に出ている状態です。
止まった状態であれば転倒します。
歩行では,このような身体が落下するエネルギーを前進するエネルギーに変換することで前に進んでいます。

歩行での股関節の角度2)をあげておきます。
立脚終期が始まる歩行周期の31%の時点で,大腿部の垂直線に対する角度は,伸展 -6.1°です。
立脚終期が終わる歩行周期の50%の時点では,大腿部の角度は-19.2°となり,最も過伸展した肢位になります。

おわりに

ちなみに,「trail」という英単語には,「たなびく」という意味があります。
足が後ろにたなびいているという感じなのかもしれません。

参考文献

1)月城慶一, 山本澄子, 他(訳): 観察による歩行分析. 医学書院, 2006, pp177.
2)武田功(統括監訳): ペリー 歩行分析 原著第2版 -正常歩行と異常歩行- .医歯薬出版, 2017, pp365-367.

関連記事

ランチョ・ロス・アミーゴ方式の歩行周期の定義

その他の歩行に関する記事の一覧はこちら

2020年10月15日

-運動学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

足関節背屈可動域制限によって生じる異常歩行

はじめに 足関節背屈の可動域制限によって生じる異常歩行について解説します。 正常な角度よりも底屈している状態を「過度の底屈」と呼びます。 初期接地〜荷重応答期 初期接地から荷重応答期にかけて求められる …

no image

歩行速度に関して覚えておきたい数値

歩行速度に関して最低限覚えておきたい数値は以下の3つです。 普通の速さは 80m / 分4km / 時は 3 METS1m / 秒以下なら遅い できれば,もっとたくさんの数値を知っている方がいいのです …

no image

股関節伸展可動域制限によって生じる異常歩行

はじめに 股関節伸展の可動域制限(屈曲拘縮)によって生じる異常歩行について解説します。 股関節の角度は,垂直線に対する大腿の角度で表します。 股関節伸展制限の影響は主に立脚期に生じます。 初期接地〜荷 …

膝窩筋のEMG

歩行における各筋の働き(殿部,大腿の筋)

はじめに 歩行における殿部と大腿の筋の働き(役割)をまとめました(下腿,足部はこちら)。 別々にまとめている分,歩行の全体像は分かりにくくなっており,歩行周期についての基礎知識がないと読みづらいと思い …

no image

歩行周期の要点〜立脚中期(ミッドスタンス)

はじめに 歩行周期における立脚中期(ミッドスタンス,mid stance,MSt)の定義,働き,関節の角度,筋の活動などについて,大事なところをまとめます。 歩行周期(ランチョ・ロス・アミーゴ方式)の …