MMT の練習方法 – 段階 4 を体感する

今回の記事は主に学生(初学者)向けです。

徒手筋力検査法(MMT)を習い始めて最初に戸惑うことの一つは,段階 4 についてではないでしょうか?

段階 4 の説明として,「重力に抗して可動域全体にわたり運動を完全に行うことができるが,最大の抵抗に対してはテスト位置を保持することができない筋を意味する1)」とあります。
ようするに段階 5 と比べると弱いということなのですが,健常人同士で練習していても実感は得られません。
実際に段階 4 の筋力を体験していくことで,だんだんと分かってきますが,それではなんとなく不安です。
そこで,臨床に出る前に,健常人同士でも段階 4 を模擬的に体験できるよう,ちょっとした工夫をしてみます。

股関節屈曲(大腰筋および腸骨筋)の検査を使います。
まずは教科書通りに正しい検査を行います。
次に,被験者の上肢支持をなくして検査を行います(腕を組んでもらったりするといいでしょう)。
すると,股関節屈曲の力はびっくりするぐらい弱くなります。
でも段階 3 というわけではなく,ある程度の抵抗に対して屈曲位を保持することができます。
これは,まさしく段階 4 の抵抗感です。
右は上肢支持あり,左は上肢支持なしとしてみると,右は段階 5 で左は段階 4 の筋力というときの雰囲気を感じることができます。

もちろん,これで段階 4 の全てが分かるわけではありません。
でも,こういう経験を積んでいけばなんとかなりそうだと安心することができます。

ぜひお試しください。

参考文献

1)津山直一, 中村耕三(訳): 新・徒手筋力検査法(原著第9版). 協同医書出版社, 2015.

2020年5月16日
2019年4月26日

コメント

タイトルとURLをコピーしました