解剖生理

心臓の位置(肋骨,椎骨,食道との関係)

投稿日:

心臓の位置について大事なところを説明します。

基本

心臓は胸骨のすぐ後ろにあります(図1)。
心臓マッサージで胸骨を圧迫するのは,そこに心臓があるからです。

前額面での心臓と胸郭との関係
図1

心臓の縦軸は右上後方から左下前方に走ります。
そして,心臓は左に回旋しています。
詳しくは別の記事でまとめています。

結果的に心臓の 2/3 は左側にあります。

骨指標との関係

心底は,左側の第2肋間隙の高さにあり,これが心臓の上の境界です。
第2肋間隙は第5胸椎椎体の高さくらいです注1)
これより上は血管です。
図1は X 線像に近いイメージで心臓を描いていて,細かいところは省いています。
血管を認識していないと,心臓を実際よりも縦長であると思ってしまうかもしれません。

心尖は,第5肋間隙で左鎖骨中線のすぐ内側にあります。
この高さが,心臓の下の境界になります。
この高さは,第9胸椎椎体に相当します注2)

よって,心臓は第5胸椎椎体の高さから第9胸椎椎体の高さまでの領域にあるということになります。

右の境界は,胸骨右縁から 2 cm 外側で,第3胸肋関節から第6胸肋関節関節までです。

左の境界は,第3肋骨の胸肋関節から 2 cm 外側の点から,第5肋間で鎖骨中線の内側 2 cm の点までです。

横断面

図2は第8胸椎の高さでの水平断面です。

第8胸椎の高さでの胸郭の水平断面
図2

心臓と他の臓器との関係がよく分かります。
解剖学実習で直接見ることができれば分かりやすいのですが,理学療法士はその機会が少ないのが現状です。
ですので,水平断面図での勉強は大切です。

心臓が胸骨のすぐ後ろにあることがよく分かります。

肺に挟まれています。
また,両側から肺が覆いかぶさっていますが,中央は空いています。
そこには右心室があり,右心室が前胸壁(胸骨)と接しています。
右心室がここにあるということをしっかり覚えていれば,心臓の傾きと回転を理解しやすいかもしれません。

心臓が前で,食道と下行大動脈(胸大動脈)が後ろです。

ついでに覚えておきたいのが,喉頭部では気管が前で食道が後ろであることです。
食道が後ろであることは同じで,覚えやすいところです。

ちなみに,気管が前で食道が後ろであることを,語呂合わせで丸暗記しようとする方がいますが,頸部の前面で気管軟骨を触ることができることを知っていれば,気管が前であることはすぐに分かります。

おわりに

まず最初に覚えておきたいところをまとめました。
初歩的なところですが,理学療法士国家試験にもある程度対応できるレベルかと思います。

注釈

1)心底の高さを椎体で表している文献を見つけることができませんでした。第2胸肋関節がある胸骨角が第4〜第5胸椎間の椎間円板の高さであることから,第2肋間隙は第5胸椎椎体の高さであると考えました。
2)同じく,心尖の高さを椎体で表している文献を見つけることができませんでした。第5肋間隙は剣状突起と胸骨体の結合部のあたりです。その剣状突起と胸骨体の結合部の高さは第9胸椎椎体です。

参考文献

1)金子丑之助: 日本人体解剖学下巻(改訂19版). 南山堂, 2008, pp14.
2)越智淳三(訳): 解剖学アトラス(第3版). 文光堂, 2001, pp214-227.

2020年5月29日

-解剖生理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

環椎(第1頸椎)

環椎の椎体はどこにいった?

環椎は椎体がありません。 そのことについて疑問に思ったことはありませんか?環椎には前弓と呼ばれる部分(図1)がありますが,それは普通の頚椎の椎体(図2)が細くなったものなのではないでしょうか? 図1 …

大腿三角と大腿動脈の関係

大腿動脈の触知

大腿動脈の触知について,解剖学的に少しだけ詳しくみていきましょう。 大腿動脈の触知 鼠径溝(下肢と腹部の境界)中央の下肢側で触れます。筋にはおおわれず,皮膚,皮下組織,大腿筋膜におおわれるだけで,太い …

肝臓の血管

肝臓とは(最初に覚えること)

肝臓について,理学療法士としてまず最初に覚えるべきことをまとめていきます。 肝臓の働き 肝臓は消化管に開口する腺です。肝臓の働きには様々なものがありますが,まずは以下の3つを覚えておくといいでしょう。 …

足背動脈が触知できるところ

足背動脈の触知

足背動脈は,足根骨上の領域で,長母趾伸筋腱と長趾伸筋腱の間で触れることができます。 触れるのは簡単ですが,解剖学的に少しだけ掘り下げて,理解を深めたいと思います。 足背動脈の走行1,2) 足背動脈の走 …

no image

筋の神経支配の覚え方 ざっくりと覚える方法

筋の神経支配を覚えるのは本当に大変です。しかし,覚えるしかありません。全て正確に覚えるのが最終目標ですが,大雑把に覚える方法があります。 下腿後面に手をあてて「1,2」大腿前面に手をあてて「3,4」上 …