解剖生理

環椎の椎体はどこにいった?

投稿日:

環椎は椎体がありません。

そのことについて疑問に思ったことはありませんか?
環椎には前弓と呼ばれる部分(図1)がありますが,それは普通の頚椎の椎体(図2)が細くなったものなのではないでしょうか?

環椎(第1頸椎)
図1
第3〜6頸椎
図2

実は,環椎にも椎体があったのですが,発生の途中で分離してしまいます。
そしてなんと,軸椎につながり,歯突起(図3)となります1)

軸椎(第2頸椎)
図3

ちなみに,「椎体が細くなって前弓になるのでは?」という疑問は,生物学的には自然な発想です。
その前提がないと,分離して別のところにひっつくことの面白さはわかりません。
解剖学の授業を楽しむためのヒントが隠れていそうな気がします。

小ネタでした。

参考文献

1)金子丑之助: 日本人体解剖学上巻(改訂19版). 南山堂, 2002, pp38-42.
2)越智淳三(訳): 解剖学アトラス(第3版). 文光堂, 2001, pp20-21.

2020年5月22日

-解剖生理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

尾側脳神経群

第9〜12脳神経は尾側脳神経群とよばれています。 これらの神経核は脳幹の尾側である延髄に集まっているからです。 第9脳神経は舌咽神経,第10脳神経は迷走神経,第11脳神経は副神経,第12脳神経は舌下神 …

腎臓と骨格の関係(背面)

腎臓とは(最初に覚えること)

腎臓について,まず最初に覚えるべきことをまとめていきます。 腎臓の位置 図1は腎臓と骨格の関係を背面からみた図です。 図1 第12肋骨が腎臓の上 1/3 と中 1/3 の境界を斜めに走ります。 腎臓の …

総頸動脈の触知

総頸動脈の触知

総頸動脈の触知 総頸動脈の脈拍を触れるには,頸部の下側で,中央の気管のふくらみから外側に指をずらしていくと,簡単に触れることができます。 簡単に触れることができるので,難しく考える必要はないのかもしれ …

no image

サイズの原理とは

サイズの原理とは1) サイズの原理 size principle は,運動単位が動員される順序に関する原理です。筋が収縮するときには,小さな運動単位が先に動員され,より強い力が要求されるとより大きな運 …

足背動脈が触知できるところ

足背動脈の触知

足背動脈は,足根骨上の領域で,長母趾伸筋腱と長趾伸筋腱の間で触れることができます。 触れるのは簡単ですが,解剖学的に少しだけ掘り下げて,理解を深めたいと思います。 足背動脈の走行1,2) 足背動脈の走 …