環椎の椎体はどこにいった?

環椎は椎体がありません。

そのことについて疑問に思ったことはありませんか?
環椎には前弓と呼ばれる部分(図1)がありますが,それは普通の頚椎の椎体(図2)が細くなったものなのではないでしょうか?

環椎(第1頸椎)
図1
第3〜6頸椎
図2

実は,環椎にも椎体があったのですが,発生の途中で分離してしまいます。
そしてなんと,軸椎につながり,歯突起(図3)となります1)

軸椎(第2頸椎)
図3

ちなみに,「椎体が細くなって前弓になるのでは?」という疑問は,生物学的には自然な発想です。
その前提がないと,分離して別のところにひっつくことの面白さはわかりません。
解剖学の授業を楽しむためのヒントが隠れていそうな気がします。

小ネタでした。

参考文献

1)金子丑之助: 日本人体解剖学上巻(改訂19版). 南山堂, 2002, pp38-42.
2)越智淳三(訳): 解剖学アトラス(第3版). 文光堂, 2001, pp20-21.

2020年5月22日

コメント

タイトルとURLをコピーしました