解剖生理

心臓の傾き(回転)を図解

投稿日:2020年5月23日 更新日:

心臓の位置を勉強するときには,まずは心臓の傾き(回転)を理解する必要があります。

この記事では,内容を心臓の傾き(回転)に絞って,図で説明したいと思います。

心臓の縦軸は右上後方から左下前方に走ります。
そして,左に回旋しています。

この説明では,ちょっとイメージしづらいので,図を描いて,それを回してみましょう。

心臓の正面

まずは,心臓の断面(前額断)を正面から見ます(図1)。

心臓の前額断を正面に向けた図
図1


模式図で,血管は描いていませんし,形も正確ではありません。

さて,心臓の正面はどこかなんて,決まりがあるわけではなさそうです。
ここでは,心房,心室が均等に見える方向が正面だとしています。

右に傾く

心臓は右に傾いています(図2)。
別の言い方をすると,前額面上を矢状軸で右に回転しています。

心臓が前額面上を矢状軸で右に回転している図

左に回旋

そして,左を向きます(図3)。
水平面上を垂直軸で左に回旋です。

心臓が水平面上を垂直軸で左に回旋している図

後ろに傾く

さらに,後ろに傾きます(図4)。
矢状面上を水平軸で後方に回旋します。

心臓が矢状面上を水平軸で後方に回旋している図

以上,3つの動きの組み合わせになります。

このような傾きの結果,右心室がもっとも前(前胸壁側)になります。
また,心尖も前胸壁側にあります。
左心房はもっとも深くにあり,食道と胸大動脈のすぐ前に位置することになります。

おわりに

心臓が回転する図を描いてみましたが,参考にした教科書の図があるわけではなく,模型等をスケッチしたわけでもなく,パソコンのマウスなんかを見ながら想像して描きました。

不正確で,立体の回転をイメージすることが得意な方からしたら,「気持ち悪い」図になっているかもしれません。
ただ,そういう図の不正確さがわかる方はこの記事は読まないでしょうね(笑)。

参考文献

1)金子丑之助: 日本人体解剖学下巻(改訂19版). 南山堂, 2008, pp14.
2)越智淳三(訳): 解剖学アトラス(第3版). 文光堂, 2001, pp214-227.

関連記事

心臓の位置(肋骨,椎骨,食道との関係)

2020年5月29日
2020年5月23日

-解剖生理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中大脳動脈とレンズ核線条体動脈

中大脳動脈の走行

中大脳動脈の走行について,最低限覚えておきたいところをまとめてみました。 内頸動脈が中大脳動脈に移行します。外側溝を外側に走り,大脳半球外側面に向かいます(図1)。外側溝(シルヴィウス溝)は側頭葉を前 …

no image

筋の神経支配の覚え方 ざっくりと覚える方法

筋の神経支配を覚えるのは本当に大変です。しかし,覚えるしかありません。全て正確に覚えるのが最終目標ですが,大雑把に覚える方法があります。 下腿後面に手をあてて「1,2」大腿前面に手をあてて「3,4」上 …

大腿三角と大腿動脈の関係

大腿動脈の触知

大腿動脈の触知について,解剖学的に少しだけ詳しくみていきましょう。 大腿動脈の触知 鼠径溝(下肢と腹部の境界)中央の下肢側で触れます。筋にはおおわれず,皮膚,皮下組織,大腿筋膜におおわれるだけで,太い …

第8胸椎の高さでの胸郭の水平断面

心臓の位置(肋骨,椎骨,食道との関係)

心臓の位置について大事なところを説明します。 基本 心臓は胸骨のすぐ後ろにあります(図1)。心臓マッサージで胸骨を圧迫するのは,そこに心臓があるからです。 図1 心臓の縦軸は右上後方から左下前方に走り …

肝臓の血管

肝臓について最初に覚えること

肝臓について,理学療法士としてまず最初に覚えるべきことをまとめていきます。 肝臓の働き 肝臓は消化管に開口する腺です。肝臓の働きには様々なものがありますが,まずは以下の3つを覚えておくといいでしょう。 …